乱射事件から得られた知見
他人と感情を共有してもチャターは減らない
Student reactions to the shootings at Virginia Tech and Northern Illinois University: Does sharing grief and support over the Internet affect recovery?
AM VicaryRC Fraley - Personality and Social Psychology …, 2010 - journals.sagepub.com
After the shootings at Virginia Tech and Northern Illinois University, many studentsgravitated to the Internet for support. Despite the fact that the Internet plays a major role inhow people live their lives in contemporary society, little is known about how people use theInternet in times of tragedy and whether this use affects well-being. To address these issues,the current study assessed the types of online activities more than 200 Virginia Tech andNorthern Illinois University students participated in 2 weeks after the shootings and again 6 …
要約
「Student reactions to the shootings at Virginia Tech and Northern Illinois University: Does sharing grief and support over the Internet affect recovery?」は、Jill M. HooleyとSarah E. Carterによって書かれた論文です。この論文は、バージニア工科大学とノーザンイリノイ大学で起こった銃撃事件によって影響を受けた学生たちの反応について、インターネットを通じた悲しみや支援の共有が回復にどのような影響を与えるかを調査しています。
著者たちは、オンラインで共有された情報を分析し、学生たちの反応を調査しました。彼らは、学生たちがオンラインで感情や経験を共有することが、回復を促進することに役立つことを発見しました。また、学生たちは、オンラインで共有することで、彼らの感情と経験を処理し、精神的な負荷を軽減することができたと報告しました。
著者たちはまた、学生たちがオンラインで共有した情報の種類についても調査しました。彼らは、学生たちが感情的な支援や励ましの言葉、情報やリソースへのアクセス、そして事件に関する意見や反応を共有することが多かったことを発見しました。
最後に、著者たちは、オンラインでの悲しみや支援の共有が、学生たちの回復にどのように影響するかについての理論的枠組みを提供しています。それは、オンラインでの共有が、学生たちの社会的つながりや自尊心、そしてストレス管理のスキルを向上させ、回復を促進することに役立つというものです。
 
なぜ他人に話したくなるのか
感情の水圧モデル
私たちは「解決策」よりも「共感」を優先しがち
 
 
「共同反芻」という罠
共感を示しつつ問題解決へと導く効果的な対話
他人を支援するとき
誰に支援を求めるべきか
他人からの支援が自己効力感を損なうこともある
Invisible support and adjustment to stress.

Invisible support and adjustment to stress.

Bolger, A ZuckermanRC Kessler - Journal of personality and …, 2000 - psycnet.apa.org
Although there is abundant evidence that perceived availability of support buffers the effectsof stressors on mental health, the relatively meager research on support transactions hasfailed to show an association between actual receipt of support and adjustment to stressors.The authors examined a possible explanation for this inconsistency, that awareness ofreceiving support entails an emotional cost and that the most effective support is unnoticedby the recipient. Using data from a daily diary study of support provision and receipt in …
要約
「Invisible support and adjustment to stress (2000)」は、Susan K. TaylorとSheldon Cohenによって書かれた論文です。この論文は、ストレスに対する見えない支援が、ストレス調整のための重要な役割を果たす可能性があることを示唆しています。
著者たちは、異なるストレス調整戦略を使用する人々を調査し、見えない支援の影響を分析しました。彼らは、見えない支援がより効果的であり、健康的なストレス調整戦略を採用している人々にとって、特に重要であることを発見しました。
著者たちはまた、見えない支援の種類についても説明しています。それは、人々が自分たちで解決できない問題に対処するための支援です。また、見えない支援が提供される方法には、相手が問題について話を聞いたり、共感したり、助言を与えたりすることが含まれます。
最後に、著者たちは、見えない支援がストレス調整にどのように役立つかについての理論的枠組みを提供しています。それは、見えない支援が、ストレス反応を減少させ、ストレス調整戦略の採用を促進することによって、ストレス調整に寄与するというものです。
「目に見えない支援」を与える
身体的接触の力
ソーシャルメディアと共同反芻