💡
ありえる楽考の目的は、ありえないがありえるになる体験によりたまかつを生きる人生の主人公である感覚を蘇らせること。
そのための価値共創コミュニティのエコシステムづくりです。
今年は、縄文がキーワードになりそうな予感です。右脳優位で、周囲の人と助けわかちあいながら生きてゆくことの共通言語として実践して理解を深めてゆきます。
 
今週の週報は、

カンボジアで初TTPSゲーム

価値共創コミュニティのエコシステムを担う、自ら価値共創する人を輩出しようと取り組んでいるありえる楽考です。
4月28日(日)から5月1日(水)にかけて、カンボジアに行くのに誰か紹介してねーとお願いしたところ、ホーチミンの本田さんからEMS1期に参加していた中村さんをイオンコミュニティの三橋さんからイオン労働組合のカンボジア担当の番澤さんを紹介いただき、3人で一緒に会食することになりました。
その中村さんはイオンカンボジアの1号店ができた時から、アート活動で関わってきたということで、イオンがカンボジアの文化を変えたのだという話で意気投合しました。
イオンさんと付き合いが深いのであれば、コーナンさんがイオンさんとうまく付き合ってゆくのにチャンネルが増えるかもなということで、中村さんに一緒に行きませんかーと声をかけて一緒に伺い、ベトナムに戻る前にTTPSゲームやりませんか?ということで5月1日にも会うことになりました。価値共創するチームになりましょうということで、イオンさんの向こうにいるカンボジア市民を啓蒙する活動をコーナンの商材を使ったワークショップで実現しましょうというイメージが具体化されました。
28日(日)にはじめましてーから、なんだかんだと毎日会って、3日(金曜)に一緒にやるといいかもというメンバーと顔合わせをして、参加の曜日時間まで決まってしまいました。
中村さんがこれまで培ってきた経験とワークショップを他の人でもやれるようにする講座とコミュニティづくりにとりくみます。
中村さんのワークショップづくりの参加者になる人も募集しまーす。
ひでほまさん制作のゆるキャラのワッティー
 

脳活用度テスト読み解き交流会

クラス替えのための交流会として、仲さんの結果と杉浦さんの結果を対比させながら理解を深めてゆきました。
後半から鏡さんが参加されて、2p目の「あなたの脳活用度」のストレス耐性についての見方の話があり、ストレス耐性を高めるためには、怒りに気づいたら、飲み込まれるのではなくゆるすことが有効ですよという話
つまるところは、自分の人生をデザインして、思い描いたあり方を生きてゆくことなのかなぁと
 

1~4月のファシリの振り返り

★火六 「相手の強みを生かして伸ばす」(増田育世さん)

今回は、前クールでご一緒させていただいた、  『獣医さんのよっちゃん(中川純子さん)』と一緒にスタートを決めました。
EMSソーシャルビジネスコースで同じチームだったお2人を新たに誘い、  『介助犬のソーシャルのゆいさん(櫻井友衣さん)』  『私と同じくキャリア教育のソーシャルのひとみさん(藤谷仁美さん)』 同じくソーシャルビジネスコースだった(チームは違うけど)  『幅広く事業や開発をしているやおっち(八百秀憲さん)』にも新たにお声をかけ、 同時にお誘いしたのが  『ピアノの先生であるまみてぃん(野口真美さん)』 みなさんが集まってくれました。
みんな、「誰か(自分も含めて)の強みを生かせたらいいね」と思って行動している人ばかりが集まって、振り返りも愛のあふれる課題、暖かいコメントが飛び交い、毎回みんなのモチベーションが上がり、振り返った後は「今日も1日がんばろ~~♪」という感じでした。
よっちゃんはいつもこの場を大切に色々考えていてくれている人で、いてくれるだけで安心できます。職場の環境を良くしたいという願いがあり、飼い主さんやペットの幸せを常に考えて葛藤しておられる優しい獣医さんです。 ゆいさん、ひとみさんは職場でのチームワークや向上のために何をしていくか・・つねに自分の課題を考えながら内省するタイプなので、聴いていてとても良い刺激になります。 まみてぃんは、ピアノの先生として生徒さんの幸せと「ピアノを楽しめる」ことを考えていて、話を聴いていると自分も習いたくなります。 やおっちは、いつもみんなを励ましながら、タイムリーなキーワードを提供してくれてみんなの学びのきっかけを投げかけてくれていました。 すてきなメンバーで、私はいつも尊敬の念で聴いていました。
クラス替えの時期になり、みんなの意見を出し合った時に「このまま継続したい」という方向になりましたが、「単に馴染んできたから・・という【コンフォートゾーンを出たくない心理】だけで残るのは違う」とみんなが自主的に話し合い、話し合った結果、
  • この4ヶ月でみんなの方向性が一致していることは確認できた
  • みんなで思ったこと、感じたことを話し合う中で安心安全な場を実感した
  • そろそろ、仕事や周りのことだけでなく、自分自身のことも話したくなった人が多かった
  • 自分自身の進化という意味ではコンフォートゾーンを出て行くことも大切だが、深い意味での深化、チームとしての進化・深化という意味では、もう少し時間が必要
等の意見が出ました。
話し合いの中では「チームとグループの違い」などの本質観取のようなやり取りもありました。その結果、全員が納得して、私たち「火六」は、チームの進化・深化についての研究の意味も兼ねて、もう1クール続けていくことになりました。
「相手の強みを生かして伸ばす」というテーマは変わらないですが、さらに「自分の強み」「自分の弱み」も話したくなったら開示していくのも良いのではないかということになりました。
10月が終わったら何らかの報告ができるように、チームでのあり方をみんなで色々と挑戦や試行錯誤しながら、見守っていきたいと思いました。
 

★木七 (千葉美恵子さん)

ファシリを初めて務めさせていただきました。どうなることかと緊張していましたが、温かいメンバーの励ましにより、楽しく深い振り返りができた時間となりました。
メンバーは
西連寺さん、佐渡多真子さん、野口真実さん、長谷川綾さんの4名でした。
※西連寺さんの哲学は「あるがまま」とそれによって生まれる癒しについての考察が極まってきている感があり、穏やかな語りの中にある深い学びをシェアいただきました。3月初旬の東京マラソンに参加した西連寺さんを応援しに、皆で楽々テラス近くの沿道へ駆けつけたものの、ランナーが多すぎて肝心の西連寺さんを見つけられず、とにかく大声で「サイレンジャー!がんばれー!」と声援を送り続けたのは良い思い出です。西連寺さんにとっては、自己ベスト更新などいろいろ記録に残るレースになったそうで、おめでとうございます!
※佐渡多真子さんはいつもきちんとご自身の目標、解決したいこと、を具体的にお持ちです。そんなたまこさんの現状と次へのステップは明確で、着実に進まれている姿を毎週お聞きできるのは安心感をいただけることでした。私のたどたどしいファシリも的確にサポートいただき、ありがとうございます。次回は夏の「老荘パンダ考察発表」ですね。拝聴するのが楽しみです。
※野口真実さんはちょうど、3月末の実家仕舞いやそれに伴うご実家にあったグランドピアノの置き場所探しに時間も労力も注ぎ込まれている時期でしたので、落ち着いての振り返りはしたくても出来ない感じではありましたが、それでもなんとか調整してご参加くださいました。そして、みなさんへ、深い受け取りの温かい言葉を贈ってくれました。結果として、グランドピアノを置いたお部屋が、真実さんのピアノ教室として機能開始しそうだったり、ご家族との連携が深まったようで、本当に良かったです。新しいチャレンジをこれからも応援しています。
※長谷川綾さんは今回が初めての、シートを使った振り返り参加でした。この振り返り期間を通して、社員としての自分と、本当にやりたいことをしているときの自分の統合、といった結果になったと思います。それには先ず、本当にやりたいことを「やってみること」と直感されていた綾さんは昨年秋ころから既に、楽々テラス全館を使った「エシカルなブランドを集めてフェスをする」というイベントの準備を開始されていました。3月初旬の実行までの経過をひっそりと見守らせていただきましたが、綾さんの等身大の、無理をしない、まず自分が楽しいように、という姿勢に学ぶことは多かったです。イベントの盛況、おめでとうございます。
 
振り返ると偶然にも、目の前のチャレンジ対象に、身構え無理に立ち向かうのではなく、自分の出来る範囲を認識し、いつもそこ「自分」へ目を向けて中心に置きながら程よい力加減で流れに乗って行くこと、がみなさんのテーマとしてあり、それを計画し実行し結果をシェアし合うことでまたそれぞれが調整していく、という交流があったチームの時間でした。まだまだこれから、この「あるがまま」で在り続ける毎日をシェアしあう仲間として、活動していくことになりそうなのもまた面白いことです。初めてのファシリでこのチームをさせていただき、とてもリラックスでき、私自身もその次へ安心して進みだせています。ありがとうございました。
 
 
そういえば最初は皆で笑いながら「たった3ヶ月で、何らかの方向へどれだけ進んだか、なんて期間が短すぎて無理よね」と、そんなことはサボる気満々でしたが、こうやって文面に起こしてみると、それぞれが3ヶ月前より、自身を明確に捉えられている感じがして、シートをつかってきちんと毎週振り返ることの意義を体感できたように思います。習慣化なんて無理と現状まだ思っている私ですが、しばらくはそんな自分のあるがままの流れを捉えつつ引き続き月20時の西山カオリさんファシリのチーム(メンバー募集中)で振り返りをしていきたいと思っています。どうもありがとうございます。
 

★土七 「チャレンジの連鎖が生まれたチーム」(上原静香さん)

今期初めてファシリを務めることになり、「私にできるのだろうか?」と心配する中、4人のメンバーがご参加下さいました。
『キャリア自律、人材育成の支援などを推進されている、まさこさん(兵藤雅子さん)』
『日本語教師養成を学校・養成講座・自律学習の場で続ける、ともねえさん(古田朋美さん)』
『もうすぐ3児のママ、バイタリティあふれる、かなこさん(加藤かなこさん)』
『今回初参加、お仕事と共に社外活動もチャレンジ、ブン太さん(有田祥岳さん)』
特にまさこさんには私の初ファシリをサポートいただき、大変心強かったです。みなさまとご一緒した中で、印象深かったことを振り返ってみます。
 
まさこさん:ご自身のコミュニティでの振り返りを沢山して下さいました。「モヤモヤを残すこと」「違和感を大切にする」、常に問いを立てられています。違和感はやり過ごさずに「ふと立ち止まってみる」「全体を観る」ことを心掛けられています。
「言語化」「解像度を上げる」というお言葉も何度も出てきました。内省を言語化して自分の幸せの定義を磨き続けられています。ご経験豊富なまさこさんからは「成人発達理論」「クリエイティブテンション※1」のことも教えていただき、「ファシリ視点はプロセスコンサルテーション※2」だと、ファシリの心掛けも学ばせていただきました。ご発言が男前でかっこよかった!本当にありがとうございました!
※1 自らのビジョンと現実との乖離を創造的エネルギーの源とすること                           ※2 組織メンバーの主体性や自律性を尊重する現代の組織開発の取組みにおいて、組織開発コンサルタントのクライアント支援のあり方の基本 
ともねえさん:日本語教師の養成のお仕事・コミュニティ活動を沢山振り返って下さいました。クラスが変わり新たな生徒さんをお迎えする時期は特に大変そうで、試行錯誤されながら自律的な学びの場を作ることに腐心されていました。自律学習とは「自分で考えて決めて、行動すること」、そのためには自分の居場所を認めてくれる人や反応してくれる人が必要、とおっしゃられていました。まさにありえる楽考で目指すチームビルディングの考えと一致します。ありえる楽考では振り返りを聞いた他メンバーが、自分の体験と結びつけ抽象的に感じる、すなわちチャンクを繋げることは日本語学習でも必要・・ありえる楽考を続けているともみさんだからこその実践です。本当にありがとうございました!
かなこさん:会社の振り返りが多い中、後半ではご自身が受けて変わったメンタルワークショップをいかに成功させるか、についてお話下さいました。初めはなかなかお声掛けができなかったのですが、メンバーのみなさんからのお言葉や応援もあり、積極的にお声掛けすることができ、ワークショップも満席で大盛況!同時期に企画した社員旅行も多くの方を取りまとめ、無事に開催することができました。かなこさんからは「自信は無くても、やり続けることであ目標が達成できる」というお言葉があり、みなさん共感しました。かなこさんの前向きな姿勢が、周りに良い影響を与えて下さるのですね。子育てもお忙しい中、本当にありがとうございました!
ブン太さん:初参加とは思えない振り返り、みなさんへのコメントもとても有難かったです。特に社外活動での「商店街の活性化計画プロポーザル」の取組みは興味深いお話でした。商店街を知るために近くの大須商店街に調査に行ったり、DXで人流を把握するという立案を仲間と共にに取り組まれたり、毎週進捗をお伺いするのが楽しみでした。残念ながら採択には至りませんでしたが、次に繋がる大きな一歩を踏み出されたことは大きな財産だと思います。活動される中で「寄り添いはやり過ぎと言われることもあるが、やりたい」「苦手だと思わない、楽しい場を作りたい」とか「伴走することが好き」「防災に関心がある」などの気づきが生まれ、自分の志向性が見えてきたことは大きかったかと思います。本当にありがとうございました!
4月の振り返りでは、メンバーが頑張る姿に勇気づけられることから「チャレンジの連鎖」というキーワードがでてきました。そのようなシーンを見れたのは、ファシリの醍醐味だと強く感じました。4ヶ月間ご一緒しましたので、クラス替えはとても寂しい・・でも、まさこさんが「メンバーが変われば光の当たる角度が変わる」「偶然の出会いを楽しむ」とおっしゃって下さり、クラス替えの意義を改めて理解しました。メンバーのみなさま、ぜひ5月からも新たな出会いと新たな気づきを楽しんで下さいませ!またご一緒できる機会を楽しみにしています♩

★日六 (森田晃蔵さん)

もりぞーさんコメント

イベント開催レポート 

★第8回 リアルRAKUICHI@神田楽々テラス(千葉美恵子さん)

 
今回もいろいろなイベント企画があり、多くの方にお越し頂きました!
4/27(土) 
★まあちゃんのインソール出店 ★時々やってるランチカフェ ★もりぞーさんのしいたけ、ハコニワファーム玉子、佐々木ファームお野菜、ウガンダ有機コーヒー豆販売(~4/29)
    こんな感じで展示販売
 
もりぞーさんしいたけたくさん売れました!
   今日のランチ♩
4/28(日)
★まさみさんの大地のランチ ★ナカタンプロデュース「大瀬由生子さんの塩麹講座」
 まさみさんの大地のランチ
大瀬由生子さんに塩麹の作り方を教えて下さり、各自が作った塩麹をナカタンデザインラベル瓶でお持ち帰り。塩麹レシピの甘酒・美味しいお料理・ワインで乾杯!
八木澤さん、ポータブルドラムを楽々に設置。さっそく披露いただきました。
 
4/29(月祝)
★かずみさんのあなたの五感と創る時間ー体験コーチングセッション ★まみてぃんのピアノ体験レッスン&おとのあそび場~一期一会の奏でるセッション~ ★カオリさんのBIOTEC、執行草舟を語る会                                 ★まさみさんの大地のランチ                                      
           推しの執行草舟さんを語る、嬉しそうなカオリさん

お薦めの書籍

KPIマネジメント

ベトナムでグループコーチングを広めるのにKPIと組み合わせるのがいいのではないかという仮説で進めています。KPI?という方はこちらのPIVOTの動画をみてねー
 
 

グローバルで通用する「日本式」マーケティング

元味の素ベトナムの社長が語る、海外で成功するための処方箋。川村さんが一緒に仕事をしたことがある人ということで、ベトナムでKPIを広げるための読書会のネタにしたいです。
 
 
 
~~直近のイベント案内~~
 
 
 
 
今週の週報は以上です!