自己(たまかつ)紹介

ありえる楽考を特徴づけているものの一つが「たまかつ」です。
たまかつというのは、「魂からエネルギーが湧く活動」の略です。
エネルギーがわくというところがポイントです。
自分がやったことのなかには、エネルギーをもらえる活動やエネルギーが奪われる活動があったのではないかと思います。まずは、エネルギーが出たかどうかに注意を向けてもらいたいのです。そして、いつもこうありたいと感じられる活動を再現される要件を探りたいのです。
最初のうちはピンと来ないかもしれません。やりがいがある仕事、面白い仕事、楽しい仕事があるのではないのです。自分がどのように現象を捉えているかの方が大きいのです。人が羨むような仕事についても、その人にとってはむしろ苦しいだけということもあります。
 
Druckerの”何によって憶えられたいか”と同じ趣旨です。
そういう意味で、Tim CockのJobsの追悼スピーチは、まさに、何によって憶えられたかの好事例といえそうです。たまかつの文法として、生き方信念成し遂げたこと言ったこと行動したことが構成要素と考えて良さそうです。
ありえる楽考では、目的と目標は意図して区別しています。
目的は、やるかやらないかの範囲を決めるものです。たまかつを決めることで、やることの的が絞られます。それ以外は、諦めたり、断ったりすることで、時間の余裕ができます。
その範囲を決める最も重要な要素は「何に」だと考えています。
Steve JobsがAppleに復活した時、まず最初にやったことは、商品・サービスの絞り込みでした。iMacを発表するまでの間、社員に向けて発信したのがThink DifferentというCMです。
Tim cockのJobsへの追悼スピーチにも出てきます。このCMによって、Jobsは自らの信念、あり方、存在意義を語ったと言えます。
 
この中で、アインシュタインやマーティン・ルーサー・キング・ジュニア、ジョン・レノン、アルフレッド・ヒッチコック、マハトマ・ガンディー、パブロ・ピカソ、エジソンなどなど世の中から変わり者といわれつつも世の中をよりよく変えた人たちクリエイションサポートするツールをつくるのだということを宣言します。つまり、この人たちがJobsにとって、Appleにとってたまかつの「的」だということです
さらにいえば、Steve Jobs自身に必要なものをつくったわけです。
たまかつの中に留まるためには、商品・サービスが必要になります。「どう役立つのか」の部分です。商品・サービスをつくりには、理想とする状態のイメージとそれを一言で表現したコンセプトとモデル(設計図:構成要素とその関係を表したもの)とストーリー(手順書:どうやって実現するかの方法)が必要になります。
これらを反映させたものが「たまかつ」になります。
 
そういう意味で、私がインスパイアされたのは、ビジョナリー・カンパニー2で紹介された、Hedgehog Concept(ハリネズミの概念)と
弾み車の法則(モデル)です。
ありえる楽考では喜楽利(きらり)と呼んでいます。
誰の何にの対象と
どのように役立つのかの方法と
その結果何が得られるのかを表現したものです。
とはいえ、最初から明確には描けないと思います。
徐々に自己理解・他者理解を深めていって、言語化・構造化してゆきます。
その具体的な方法が時間の記録をつけることです。
 
たまかつの基本文法 誰の何に役立つのか
 
ところで、なぜ、「人生の目的」ではなく、「たまかつ」なのかというとDr.Littleのコア・プロジェクトという考え方を採用しているからです。
そして、コアプロジェクトを遂行するために、演じるための疑似人格から素の自分に戻る時間を取る必要があると言っているところが、グループコーチングの効果でもあります。わたしたちは成果をあげるために、時として、柄でもない役を演じているのです。いい親であるために優しい人を演じたり、厳しい人を演じたりしている。その役を解いて自分自身を確認する場でもあるのです。