ローコード開発って何ですか?

ローコード開発とは、従来のプログラミングのように高度な専門知識を必要とせず、ビジュアルなプログラミングやドラッグアンドドロップの操作などを利用して、比較的簡単にアプリケーションを開発する手法です。
ローコード開発の主な目的は、より迅速かつ効率的にアプリケーションを作成し、ビジネスプロセスの自動化を促進することです。ローコード開発ツールには、コードを書く必要がないため、開発者がアプリケーションのビジュアルプレゼンテーションに注力することができます。これにより、より使いやすい、直感的なインターフェースを備えたアプリケーションを迅速に作成することができます。
ローコード開発は、企業や組織のIT部門が従来の開発手法に比べて、より少ないリソースでアプリケーションを作成することができるため、大きな利点を持っています。また、ビジネス部門の従業員も、ローコード開発ツールを使って、自分たちのビジネスプロセスに必要なアプリケーションを自分で作成することができるため、開発のスピードと柔軟性が向上します。