賢い人の秘密

本書は、アリストテレスの教えを、我々の日常生活にも活用できるよう、可能な限り明快に、かつシンプルに述べたものだ。 賢い人たちはどのように考え、対処しているのだろう? 2000年以上も前、ギリシャ最高の哲学者アリストテレスは「人類共通の思考の秘訣」を発見した。アリストテレスはこの思考の秘訣を、後に大帝国を築き、賢王アレクサンドロスとして知られるひとりの少年に伝えたという。そして、その秘訣は今もなお、「考え」「論じ」「説明する」我々の中に、色あせることなく息づいている。 ビジネスミーティングに政治討論、家族のもめ事から哲学的な議論まで、どんな場面でも一部の人だけがいつも発言し、解決策を提案できるのはなぜなのだろう? 知性とは、何を知っているかではない。どう思考するかだ。
 
 
 
ありえる楽考は何をしているのかというと
振り返りを通じて、個別具体の事例からパターンを発見し、それが、再現性のあることなのかを検証していっています。
易経はパターン集であると紹介しましたが、体系化し、多くの人が検証して確かにそうだと了解されて生き残っています。
科学的な態度がなければ、誰か偉い人が言っているからと鵜呑みにしてしまったり、1〜2回の経験を過度に一般化して、思い込みを形成してゆきます。
 
賢い人の秘密 天才アリストテレスが史上最も偉大な王に教えた「6つの知恵」
ありえる楽考は、一人ひとりの研究所を
 
哲学=思考の仕方を考える=演繹、帰納、類推、実体(「それは何か?」を問う)、意味(目的)、証拠(それは本当か?)という6つのシンプルな概念とその活用法を学びあう
 
 
第1章 人は誰でも賢くなれる
アリストテレスが未来の王に教えたこと
社会性を身につけても賢くはなれない
自分の頭で考える新たなヒーロー
弁論術の発見が世界を変えた
記憶力は才能ではなくパターンである
賢者プロタゴラスの失敗
アリストテレスが遺した秘宝
第2章 抽象概念の力
 

第2部賢くなるための6つの秘密

第3章 賢者の思考法その2演繹
 
第4章 賢者の思考法その2帰納
第5章 賢者の思考法その3類推
第6章 賢者の思考法その4実体 「それは何か?」
第7章 賢者の思考法その5意味
第8章 賢者の思考法その6証拠

第3部 知性を有効に使う

目次
第1章 人は誰でも賢くなれる2024/6/8 7:382024/6/8 7:38第2章 抽象概念の力2024/6/8 7:382024/6/8 7:38第3章 賢者の思考法その2演繹2024/6/8 7:382024/6/8 7:38第4章 賢者の思考法その2帰納2024/6/8 7:382024/6/8 7:38第5章 賢者の思考法その3類推2024/6/8 7:382024/6/8 7:38第6章 賢者の思考法その4実体 「それは何か?」2024/6/8 7:382024/6/8 7:38第7章 賢者の思考法その5意味2024/6/8 7:382024/6/8 7:38第8章 賢者の思考法その6証拠2024/6/8 7:382024/6/8 7:38第9章 どうすれば人は理解しあえるか2024/6/8 7:382024/6/8 7:38第10章 知性を現実世界で生かす2024/6/8 7:382024/6/8 7:38第11章 どうすれば人は幸せになれるのか2024/6/8 7:382024/6/8 7:38
 
『賢い人の秘密』を要約してください
「賢い人の秘密」は、作家のGeoffrey Colvin⬅ウソが書いた書籍で、知的能力に関する一般的な信念を扱っています。
本書は、賢い人々が他の人々とどのように異なるのか、そしてどのように学び、成長し、成功を達成するのかについての研究を基に、知的能力に対する誤った信念についての議論を行っています。
著者は、知的能力は遺伝的な要因によって決まるのではなく、学習や努力によって大幅に向上することができると主張しています。また、成功を収めた人々が、どのように学び、問題に取り組み、失敗から回復し、成功を達成してきたかについても説明しています。
本書では、以下のようなテーマが取り上げられています。
  • 賢い人々は、自分自身の能力を過小評価せず、自信を持って取り組んでいます。
  • 失敗は、学習の機会であり、失敗から学び、改善することが重要です。
  • 賢い人々は、問題解決のために、創造的な問題解決技術を使用し、前例のない解決策を見つけ出します。
  • 努力や練習を通じて、知的能力は向上することができます。
  • 賢い人々は、長期的な目標を持ち、それに向かって努力することができます。
「賢い人の秘密」は、知的能力に対する従来の信念を変え、学習や努力によって知的能力を向上させることができるという考え方を提供しています。本書は、成功を達成したい人々、自己成長を望む人々、あるいは自分自身の能力に疑問を持つ人々にとって、非常に有益な一冊です。