科学的に幸せになれる脳磨き

脳の使い方を変えると、「思いがけない力」が発揮されます。
特定の脳の使い方を続けていくことで、脳は磨かれていきます。
その方法を本書では「脳磨き」としてご紹介します。
じつは最新研究から、脳の中でも「島皮質」という部位を鍛え、
脳全体をバランスよく協調的に働かせることが、
その人の人生を豊かに幸せにするとわかってきました。
つまり「脳磨き」とは、この島皮質を鍛え、脳全体をバランスよく協調的に働かせる「脳の使い方」なのです。
「脳磨き」の具体的な方法は、次の6つです。
◎感謝の気持ちを持つ
◎前向きになる
◎気の合う仲間や家族と過ごす
◎利他の心を持つ
◎マインドフルネス(脳トレ坐禅)をする
◎Awe(オウ)体験をする
この「脳磨き」は最新の研究を含む255の論文から導いたエビデンスに基づいています。
著者は、25年以上にわたり、ノースウェスタン大学医学部脳神経科学研究所など、
米国を中心に世界最先端の医学脳科学研究に従事してきた
脳科学者・医学博士です。
著者自身、長年「生きるのがつらい」という状況だったのが、
脳科学の視点から
「こういう脳の使い方をすれば、自分や周囲にこういう変化が起きる」ということを、一つひとつ身をもって探求し、人生を変えてきました。
そして、執筆にあたり、改めて膨大な量の論文を読み込み、体系立てて解説したのが本書です。
「歯磨き」が誰でもできる日々の健康習慣のように、「脳磨き」で幸せ習慣をはじめましょう。
 
 
【目次より】
◎徹底的に科学的根拠を検証して生まれた「脳磨き」
◎幸福感が上がる目標設定法と下がる目標設定法
◎立て続けに起こる「良いこと」「悪いこと」は脳機能で説明できる
◎ホモ・サピエンスが生き延びたのは島皮質を鍛えたから
◎発明王エジソンに学ぶ「現在進行形の中で成長に目を向ける」秘訣
◎人に何かしてあげたときの幸福感は長続きする
◎テストの点数を大幅にアップさせるマインドフルネス
◎あなたは、Awe体験しやすい人? Awe体験しにくい人?
◎「脳磨き」で未来を予想できる