自分の最高を引き出す考え方

 
スポーツでもビジネスでも高いパフォーマンスを発揮し続けている人は、自分の持つ能力を最大限に発揮する生き方をしています。スポーツ心理学ではそれを技術だと捉え、ライフスキルとして身につけることができるものだと考えています。
本書は、スポーツ心理学博士の著者が自分の最高を引き出す考え方としてライフスキルの中の6つのスキルについて詳しく解説していくものです。成長志向があるが満足する結果をまだ導けていないビジネスパーソンが自分を投影できるような接点を作り、一流アスリートはどのような思考方法をとっているのかをエピソードを交えて紹介します。
 
第1章 振り回されない自分を作る縦型比較思考
・自分がコントロールできるのは自分だけ
・自分が求めるスタイルを明確化する
・与えられた仕事の中でいかにスタイルを確立するか など
第2章 役割性格を演じ、今の自分を突破する
・成長の過程には必ず苦手なことが存在する
・自分のポジションの役割を、自分なりに考える
・予期せぬ出来事が人を成長に導く など
第3章 ダブルゴールでどんな状況でも力を引き出す
・目標設定にはスキルが必要である
・目標は「掲げる」のではなく「使う」
・ダブルゴールで諦めを回避する など
第4章 継続的挑戦を可能にするCSバランス
・チャレンジとスキルの最適なバランスとは
・人は諦めやすく、退屈しやすい
・CSバランスの中で計算されたゲーム など
第5章 本番で最高の力を発揮する獲得型思考
・本番に強い人と、本番で力を発揮できない人
・結果の明暗を分ける「獲得型」「防御型」
・獲得型思考は縦型の目標があるから生まれる など
10.「獲得型」だからこそ「仮説→実行→データ」のプロセスが回せる
「防御型」が考えている間に「獲得型」がすでに失敗することもある
「獲得型」はすぐに次の仮説を立てて動き始めるため、何の問題もない
何が起こっても瞬時に自分の最高のパフォーマンスを生むにはどうすればいいか仮説を立てられるようになる。
11.「獲得型」を強化する「捨てる技術」
第6章 楽しいからやる、オートテリックパーソナリティ
オートテリックパーソナリティとは?
・いきなり「楽しいから、やる」には行けない
・自分で決めるから楽しくなる など
 
 
 
 
YouTube図書館
00:57 自分がコントロールできるのは自分だけ=自分がコントロールできることに集中する
01:45 自分のスタイルを作ることが成功への必要条件 
03:13 苦手なことも演じ続ければできるようになる 理想のリーダー像を信じる
04:49 4.自分自身をしっかりと知る
06:01  5.自分がなりたい理想の姿(役割性格)を演じる
07:08 6.目標は「掲げる」のではなく「使うもの」
08:27  7.チャレンジとスキルの最適なバランス(CSバランス)を考える
10:22  8.CSバランスが、瞬時のベストな選択を可能にする
12:22  9. 勝つためにプレーする「獲得型」 を参考にする
13:33  10.「獲得型」だからこそ「仮説→実行→データ」のプロセスが回せる
15:30 11.「獲得型」を強化する「捨てる技術」
16:30 12.自分の最高を引き出す考え方は身につけられる