amazonで一倉定と検索すると1万5000円の本が並んでいる言説のコンサルタント
社長を怒鳴り散らすような情熱的な指導で知られた経営コンサルタントの故・一倉定(いちくら・さだむ)氏。1999年に80歳で亡くなるまでに、大中小1万社以上の企業を指導したとされる
 
1万社を指導した伝説のコンサルタントが明かす実践的健康法!
われわれは、まず自然治癒力の正しい認識を持たなければならないのである。
自然治癒力こそ、神がすべての生物に与えたもうた“大慈悲”である。
神に感謝しつつ、この大慈悲にすがればよいのである。
神を恐れぬ人間は、享楽食によって自然治癒力が働けないような状態を、
自らの体につくりだしている。だから自然治癒力が働ける状態に戻せばよい。
それが正食である。
そうすれば、いかなる病気でも治ってしまい、二度と再び病気どころか、
体調を崩すことさえなくなってしまう。 (「まえがき」より)
 
「要は自然治癒力。その核が正食。なかでも卵醤が魅力的だ!」
【人体を研究せずに食物をうんぬんするのは誤りと知れ】

第一章●塩こそ生命の源

塩こそは命のもとぞ その昔生命海から生まれたり
人々は塩のことをよく知らない
「塩は血圧を上げる」という妄説
WHO(世界保健機関)の「塩分は一日4〜5グラム」という指導の誤り
自然治癒力にすべてを任せるーつまり神のご意思に従えば良い
自分の好みの塩味で食べたいだけ食べる
塩分をとり過ぎることは不可能である
卵醤:
生卵にたっぷりと辛口醤油を混ぜたもので、塩分の緊急補充に使うもの
「正食」の基本条件は「いかなる食物であって”全体食”でなければならない
卵醤をとったら
塩とって血圧上がるか上がらぬか自ら試してみるが賢き
塩の威力
寝たきり老人があっという間に
白内障で視力”ゼロ”が2週間で
瞬間的に視力が上がる
膠原病が果物をやめただけで
アトピー性皮膚炎
水虫
ドライ・アイ
足のムクミがとれた
美容効果
薬よりよく効く自然海塩
自然海塩風呂
全能の神の賜いし塩の持つ生命を守る六大機能
病気は神の下した罰である
一倉仮説” 人体は、健康に関する情報(症状)を絶えず意識に送り続ける
現代栄養学の誤り
塩の持つ生命維持の六大機能
一. 新陳代謝の基本機能を受け持つ(一倉仮説(二))
二. 筋肉を動かす(一倉仮説(三))
三. 熱を発生させる(石塚理論)
四. 体内電流の電導機能を持つ(一倉仮説(四))
五. 体内の有毒物質の解毒(一倉仮説(五))
六. ナトリウムは原子転換により人体に必要な元素を作り出す(ルイ・ケルヴラン)
新陳代謝のメカニズム
一. 消化 食物を体内に吸収できる状態を変える
二. 吸収 消化された食物を体内に取り入れ、造血(腸で行われる)して血管に送り込む
三. 新陳 栄養物を細胞内に供給する
四. 代謝 老廃物を細胞から取り去る
五. 排泄 不要物を体外に出す
塩うすき食物とれば全身の栄養失調おこすこわさよ
栄養失調は塩不足から(実は塩分濃度不足)
水飲み健康法の誤り
熱帯人の動作はなぜのろいのか(一倉仮説(七))
高血圧も低血圧も原因はともに塩不足(一倉仮説(八))
高血圧
低血圧(一倉仮説(九))
 

第二章●病原食

第三章●正食の原理―化学的食養長寿論

第四章●正食法入門

第五章●完全食玄米

第六章●カルシウム

第七章●健康への道

第八章●血液を清浄化する

第九章●自然治癒力を高める

――――――