【全目次】熟達論:人はいつまでも学び、成長できる / 為末大【要約・もくじ・評価感想】 #熟達論 #為末大 | モクホン

 
為末 大 さんの「熟達論:人はいつまでも学び、成長できる」の全もくじを紹介します。
目次は本の要約が書かれており、伝えたいことが学べるので本の内容を一気に知ることができます。
目次が気に入りましたら是非直接本を手に取ってみてください。
では目次を見ていきましょう!
目次
  1. 熟達論の要約
  1. 【熟達論 目次】「序」 熟達の道を歩むとは 【為末大・要約・もくじ】

熟達論の要約

熟達論を要約しました。
本は「熟達の道」を歩む際の五段階のプロセスを通じて、遊びや型の習得、観察、心の中心把握、最終的には「空」と呼ばれる境地へ至ることを探求しています。この道では「遊び」を基点とし、無意識に技能を身につけ、観察や心の中心を掴み、最終的には主体性から解放された「空」の境地へ至ることが喜びとされています。読者にはこれらの段階を経て熟達を目指し、柔軟な心と無意識の力を活かすことが求められています。

【熟達論 目次】「序」 熟達の道を歩むとは 【為末大・要約・もくじ】

「足を三角に回しなさい」
教科書にはない「学び」
熟達とは何か
五段階の探求プロセス
熟達は領域を超える
熟達は機械に置き換わるか
孤独と夢中 熟達の喜び

【熟達論 目次】第一段階「遊」 不規則さを身につける 【為末大・要約・もくじ】

最初に、遊びありき
遊びとは何か
不規則さを抱え続ける
二つの報酬システム
「面白い」に意味はいらない
思いきり動く
全力が先、制御は後
ごっこ遊びは、なぜ成立するのか
失いたくないと守りに入る
主体性の本質とは何か
心の中の「子供」を守りきる
変化とは文脈からずれること

【熟達論 目次】 第二段階「型」 無意識にできるようになる【為末大・要約・もくじ】

型とは何か
使える技能は無意識化される
型は遊びを発展させる
人間は覚えるより忘れる方が難しい
型の力、癖の力
柔らかすぎる人間
模倣とは観察と再現
型は丸呑みするもの
型の良し悪しを見分ける
憧れの罠
型は個性を殺すのか
時間を制する者が型を制す

【熟達論 目次】第三段階「観」 部分、関係、構造がわかる 【為末大・要約・もくじ】

「見る」とは「分ける」こと
「分ける」ことで、取りこぼすもの
技能は別の技能に支えられている
「うまくいく」とは、構造が機能していること
身体全体で「見る」のが観察
観察に影響を与える知識と経験
熟達にはどのように時間をかけるべきか
距離を取ることで見えるもの
俯瞰の技術
集中とは注意の固定
第三者の視点で自分を見る
頭で「わかる」と体験で「わかる」の違い
「できる」から「わかる」へ

【熟達論 目次】第四段階「心」 中心をつかみ自在になる 【為末大・要約・もくじ】

中心を柔らかくつかむ
中心がわかると冒険できる
自然体とは、自在になること
「構え」のいらない世界
滞りがないと、動きは美しい
リズムが連動を生む
個性とはグループ内の差異
「諦めること」で個性を活かせる
成功体験からの脱却
「もし」の力
身体を介した言葉
技能が創造性を解放する

【熟達論 目次】第五段階「空」 我を忘れる 【為末大・要約・もくじ】

意識する自分からの解放
身体に意識を明け渡す
勘は論理を超える
価値観からの解放
言語からの解放
一貫する私からの解放
「空」の世界
私という主体のない世界
「空」の余韻
「遊」に始まり、「遊」に戻る

熟達論の評価・感想・口コミ【為末大・Amazonレビューを引用】

読んでいて鳥肌が立った。

「人はいつまでも学び、成長できる」というコピーに惹かれて読んでみました。為末さんの本はいつも思考が深く、言葉も的確で唸らされることが多いのですが、本書はその中でも最高傑作とも言えるようなものとなっています。著者なりにまとめ上げた熟達へのプロセスを5つにまとめていますが、白眉と言えるのが最後の「空」でしょう。いわゆるゾーンに入った状態のことをここまでうまく言語化したものに接したことがありません。著者も「あとがき」でその没頭感について述べていますが、まさにゾーンに入った状態だったのでしょう。読んでいて鳥肌が立ちました。本書はスポーツに限らず、何かを学ぶ上で、かつ子育てにも応用できるような本質的な原理原則集となっています。

すごく面白かった。

スポーツに限らず、日常生活から仕事に至るまで多くの事に共通した感覚的なものを、見事に言語化されていて感動しました。 何かに打ち込み悩んでいる方、仕事や部活などで指導にあたっている方などには、特に読んでみていただきたいです。

熟達論の内容説明【為末大・もくじモクホン】

「走る哲学者」が半生をかけて考え抜き辿り着いた、人生を「極める」バイブル。
基礎の習得から無我の境地まで、人間の成長には5つの段階がある。では、壁を越え、先に進むために必要なものは何か。自分をどう扱えばいいのか。「走る哲学者」が半生をかけて考え抜き、様々なジャンルの達人たちとの対話を重ねて辿り着いた方法論が一冊に。経験と考察が融合した現代の「五輪書」誕生!

為末大 著者目次関連本【もくじ\モクホン】

モクホン オススメの本目次記事