エニシング・ユー・ウォント―すぐれたビジネスはシンプルに表せる

ミュージシャンとして充実した人生を送っていた1997年、著者は自分のCDをオンラインで販売するためのサイトを起ち上げる。
「俺のCDも売ってくれないか」と友人、あるいは友人の友人から頼まれ、それに応じるうちに「図らずも」ビジネスを初めてしまい、著者はそれに「CDベイビー」と名付けた。
ビジネスを大規模に展開するつもりなどまったくなかった著者がとったのは、音楽業界の通常のやり方とは逆のやり方。業界関係者にとって最適な形ではなく、ミュージシャンにとって最適な形を模索したのだ。
するとかえってビジネスは発展し、起ち上げてから10年後、著者は「CDベイビー」を2200万ドルで売却する。
会社を起ち上げてから売却するまでの10年間、著者は起業や経営、お金や時間の使い方に関する数多くの課題に向き合い、自分なりに答えを出してきた。
本書は、そうして著者が学んだことを48のレッスンとしてシンプルにまとめたもの。
お金は二の次。自分も相手も幸せにすることだけをしよう、と説く著者の言葉は、
これからの生き方、働き方を模索する日本人にきっと刺さるのではないだろうか。
原書はアマゾンレビュー計5000件超と話題に。「忘れかけていた初心を思い出させくれる」
「基本に立ち返るのに役立つ」とベテラン起業家からも絶賛の内容。
「この本を読むことは、あなたにとって最高の時間となるだろう」ーーフォーブス誌
 
 
 
デレクシヴァースといえば、この動画で知られていますよね。
 
デレクシヴァースのHP こちらから自分の出版社から発行している書籍も購入できる
 
たまかつを生きるというのはどういうことイメージするのにお薦めです
“Helly Year or No”(絶対イエス!かさもなきゃノー)や堂々と対象を絞り込む、シェアすることから始めよう、計画やビジョンはいらないなどのメッセージは共感度が高いのではないかと思います。
 
目次
10年分の経験を1時間で 12
何を羅針盤にするか? 14
自分のCDを売りたかっただけ 15
「完璧な世界」を前提にしてみる 19
数字2つだけのビジネス 20
これは革命ではない 23
ヒットしなければ、切り替える 24
計画は根本から変わるもの 27
絶対イエス!」か、さもなきゃノー 26
計画は根本から変わるもの 27
出資を受けないことの利点 29
最初の一歩は、お金なしでも踏み出せる 32
シェアすることから始めよう 35
アイデアは実行してこそ価値が 39
ビジネスの体裁を整えるべき? 41
もしこのうちの1%が...... 47
それは数ある選択肢のひとつ 50
自分にとって一番大切なものは? 55
マフィアの時代が懐かしい 57
寛大になる余裕は見つけられる 59
「お金はいらない」という態度で 63
問い合わせは、絶好のチャンス 66
クレーム対応では、勝ちを譲ろう 68
たった1人のミスで、全員を罰しない 69
画面の向こうにいるのは、同じ生身の人間 73
はっきりと伝えないと、痛い目に遭う 76
CDベイビーで一番ウケたメール 78
小さなことが、大きな違いを生む 80
自営業者マインドの罠 84
カジュアルなやり方でも構わない 89
世間知らずも悪くない 91
余計なアドバイスはしない 93
常に「2倍」の成長に備える 94
330万ドルのミス 108
信頼するが、検証もする 114
任せても、放棄してはいけない 117
会社を慈善団体に寄付した理由 124
なぜ自分の会社を持つべきなのか 127
完璧な世界をつくる 128