知識創造の方法論

知識創造プロセス2021/1/13 9:452022/9/14 5:36
知識経営理論の第一人者による「知の方法論」の書き下ろし。ナレッジワーカーとしての個人が知識創造の本質的理解を深めるための、知の作法を論じる。
 
 
序 知の方法を身にまとう/
1 新たな経営の知/
知識創造の方法論
「哲学」と経営
「知の綜合力」に向けて
2 ナレッジワーカーの時代/
知識社会・経済の到来
日本を覆う知的貧困
求められる高次の思考
哲学に支えられた知の方法論
第1部 知の方法論の原点/
1 哲学にみる知識創造の知/
根源的な「知」としての哲学
正当化された真なる信念
知の「型」に目を向ける
プラトン-イデアと対話の知
デカルト-分析と構築の知
デューイ-行動と実証の知
西田幾多郎-純粋経験と「場」の知
2 知識創造理論で見た知の型/
知の型を分類する
暗黙知と形式知
知識創造のモデル
生きるための知
3 知識創造プロセスと弁証法のダイナミズム/
知識創造のスパイラル
運動を重視した哲学者ヘーゲル
弁証法のダイナミズム
ノート 東洋的な弁証法と「場」での実践2022/10/16 22:342022/10/16 22:35
第2部 社会科学にみる知識創造の知/
1 科学の知の方法論の意味合いとその変遷/
伝統的知の方法論-演繹と帰納
実証科学の限界を超えて
知の危機を乗り越えるために
ノート 現象学-経験から本質直観する相互作用の知
 
常識習慣を疑う
2 社会学の知のアプローチ:構造・行為・意味・統合/
[1]社会学-行為か構造か
実証的な概念形成の
[2]現象の構造と意味を探る-フィールドワーク
[3]意味から統合へ-現象学的社会学と知識社会学
社会科学の基礎的方法論としての現象学
社会的知識の統合
潜在的な場への視点
3 潜在的メカニズムの発見へ/
4 新たな経営の知に向けて:綜合の知/
第3部 「コンセプト」の方法論/
1 コンセプトとは何か
2 「観察」の方法論:アイデアの源泉としての経験/2022/9/14 5:562023/3/3 15:03
コンセプトとは何かの読み上げ
コンセプトとは新たな観点
 
2 「観察」の方法論:アイデアの源泉としての経験/
3 「概念化」の方法論:意味の発見と形成/
4 「モデル化(理論化)」の方法論/
5 「実践化」の方法論/
6 日常的行為へ/
 
1 コンセプトとは何か/
2 「観察」の方法論:アイデアの源泉としての経験/
3 「概念化」の方法論:意味の発見と形成/
4 「モデル化(理論化)」の方法論/
5 「実践化」の方法論/
6 日常的行為へ/
第4部 経営と知の方法/
1 企業の知の型(組織的知識創造)/
2 ナレッジ・リーダーシップ
 
目次
まえがき
序 知の方法を身にまとう/
1 新たな経営の知/
知識創造の方法論
「哲学」と経営
「知の綜合力」に向けて
2 ナレッジワーカーの時代/
知識社会・経済の到来
日本を覆う知的貧困
求められる高次の思考
哲学に支えられた知の方法論
第1部 知の方法論の原点/
1 哲学にみる知識創造の知/
根源的な「知」としての哲学
正当化された真なる信念
知の「型」に目を向ける
プラトン-イデアと対話の知
デカルト-分析と構築の知
デューイ-行動と実証の知
西田幾多郎-純粋経験と「場」の知
2 知識創造理論で見た知の型/
知の型を分類する
暗黙知と形式知
知識創造のモデル
生きるための知
3 知識創造プロセスと弁証法のダイナミズム/
知識創造のスパイラル
運動を重視した哲学者ヘーゲル
弁証法のダイナミズム
ノート 東洋的な弁証法と「場」での実践2023/3/3 14:572023/3/3 14:57
第2部 社会科学にみる知識創造の知/
1 科学の知の方法論の意味合いとその変遷/
伝統的知の方法論-演繹と帰納
実証科学の限界を超えて
知の危機を乗り越えるために
ノート 現象学-経験から本質直観する相互作用の知2023/3/3 14:572023/3/3 15:01
2 社会学の知のアプローチ:構造・行為・意味・統合/
[1]社会学-行為か構造か
実証的な概念形成の
[2]現象の構造と意味を探る-フィールドワーク
[3]意味から統合へ-現象学的社会学と知識社会学
社会科学の基礎的方法論としての現象学
社会的知識の統合
潜在的な場への視点
3 潜在的メカニズムの発見へ/
4 新たな経営の知に向けて:綜合の知/
第3部 「コンセプト」の方法論2023/3/3 14:572023/3/3 15:04
1 コンセプトとは何か/
2 「観察」の方法論:アイデアの源泉としての経験/
3 「概念化」の方法論:意味の発見と形成/
4 「モデル化(理論化)」の方法論/
5 「実践化」の方法論/
6 日常的行為へ/
第4部 経営と知の方法/
1 企業の知の型(組織的知識創造)/
2 ナレッジ・リーダーシップ