プロダクトがすべてに優先する

 
ビジネスにおける序列ではテクノロジーとプロダクトが最上位を占めるべきだ
会社の存在意義は、プロダクトのビジョンを実現することにこそある-それ以外の全要素はプロダクトを世に送り出し、成功させるためのものだ
プロダクトチームこそ会社の中枢だ
プロダクト・マーケット・フィット(PMF)を実現することにあるー適切な市場に向いたプロダクトを適切なタイミングで開発できたら、全速前進せよ。
プロダクトマネジャーがエンジニアに伝えるのは「消費者がどういう問題を抱えているのか、どういう問題を抱えているのか、どういう人がプロダクトを使っているのかという背景情報だ。
そうすれば、彼らは、君らが指図するプロダクトをはるかにしのぐソリューションを生み出してくれる。
創造的思考の独立性、つまり同調にこだわらないことが強みになる。
エンジニアと話ができなくてはならない。オタクたちはCEOが毎週関心を払ってくれることを知っていた。ビルはそうやって彼らに本領を発揮させたのだ。
 
肱岡さんからのPMFについてのお薦めの記事
PThe only thing that matters2024/3/4 0:462024/3/4 0:46バーナードの組織の三要素 「コミュニケーション」「貢献意欲」「共通目的」 2024/3/4 0:462024/3/4 0:46バーナードの組織論2024/3/4 0:462024/3/4 0:46