3月25日(月)ワークグラムって何?

ワークグラムにハマっています!
イベントページは後日Facebookでご案内します! ★★良かったら、その魅力をお伝えしますので、いつでもご連絡ください★★ ワークグラムってご存じですか? https://work-gram.com/workgram/ ワークグラムは興味・関心に特化して自分を分析していくツールです。
ストレングスファインダー(クリフトンストレングス)は資質、才能、強味などを見つけるツールなので、企業や大学ではストレングスファインダーと一緒に実施されることも多いようです。 人の「興味・関心」というのは大切なものなのですが、結構、無視されたり軽く扱われているところがあります。特に日本人はそうかな・・と感じます。 EMSのドラッカーマネジメントコースも、3期からワークグラムが少し取り入れられました。 元々、EMSの創設者の西條剛央さんとその奥様の美波さんが開発されたツールで、本質行動学やドラッカーの理論の要素も取り入れられています。 私は、EMS基礎原理5期でワークグラムをやって、あまりよく分からないままで終わりました・・ でも、講師の美波先生が「家族や友だちにはやってみてあげてください」と言われたこともあり、自分のキャリアの方向に迷っている友だちに頼まれて、そのツールをやってもらったところ、自分が進もうとして壁にぶち当たっている方向が自分が興味・関心の薄いものだとその友だち自身がしっかりと理解して、別の方向に進むことを決心したのを目の前で見るという経験をしました。(この時、私自身はまだワークグラムのことをあまり理解していなかったのですが・・カウンセリングの仕事はしているので、色々と聴いていった結果でした) その後、基礎原理コース8期で再度やってみた時に少し自分の受け取り方が変わっていました。 そこで、「もう少しワークグラムを理解したい」と思い、今、プロフェッショナル養成講座を受講しています。 実践として、1人の友だちに私のワークグラムを受けていただいて完成したところです。 ワークグラムはそのツールで考えるだけでなく、それを使った「面談」にポイントがあります。 面談する側になって初めて、どれだけ深く組み立てられているかを知りました。
受ける側も「自分は本当は何をしたいと思っているのか・・」「自分のことをもっと知りたい」など、自分の心の願いを本気で考えていることを望まれます。 気軽な気持ちで受けると、ただの占いみたいなことになり、「へ~、そうなんだ」で終わってしまいます。本気で自分の内側と向き合いたい人にお薦めです!