Life Kinetik 脳が活性化する世界最先端の方法

★世界18か国で導入されている最強の脳トレ
★人間の能力が飛躍的に向上する唯一無二のメソッド
★一流アスリート、大手企業、医療施設、教育現場など、続々採用!
★1日10分、1週間で60分やればOK
★科学的検証に基づいた効果を発揮!
●Life Kinetik(R)とは?近年の研究では、運動が脳を活性化することがわかっています。
「Life Kinetik(R)」は、新しい動きを次々とすることで脳のネットワークを増やし、脳を活性化する手法です。
運動にさらに脳トレ、視覚の訓練を組み合わせ、脳のさまざまなエリアを刺激して連携を高めることができます。世界18か国で採用され、幼稚園、福祉施設、プロスポーツ、企業と幅広い分野で導入されているメソッドが、記憶力、集中力、運動能力、学習能力、認知症予防などに、驚くような効果を発揮。毎日10分でも、1週間にまとめて60分でいい。脳に次々と新しい課題を与えて、楽しみながら、生活の質を上げていくものです。
●ドイツ発祥の脳トレ、世界へ
欧州のサッカーでは有名な能力開発法で、
元ボルシア・ドルトムント監督(現リヴァプールFC)であるユルゲン・クロップ氏がきっかけ
で、大きく広まりました。サッカーはもちろん、卓球、ハンドボール、ゴルフ、バイアスロンなどの多くのアスリートがLife Kinetik(R)プログラムを採用し効果を上げ、アルペンスキーのワールドカップ・チャンピオンであるフェリックス・ノイロイターはこのプログラムにより、驚異的な成績を収めました。
●「人間の能力を大きく伸ばす」ことが研究でわかった
現在、トップアスリートの世界で効果を発揮した「Life Kinetik(R)」は、科学的にも証明され、教育機関では「学習能力の向上」に、高齢者施設では「認知症予防」に、ビジネスパーソンには、「ストレス軽減・メンタルヘルス向上」に役立っています。
・脳細胞同士のつながりが強化される・ストレスに打ち勝つ力が備わる・短期間のうちに競技能力が上がる・脳の老化のプロセスを阻止する・年齢に関係なく認知能力がよくなる・決断を下すスピードが速くなる・内容が頭によく入り知能が上がる・ミス発生率が大幅に低下する
など
●脳ジャンルでの本書の立ち位置
「Life Kinetik(R)」は世界最先端の脳を活性化する方法です。右脳にある部位、左脳にある部位のネットワークをつなげる軽いエクササイズです。よくある脳関係の本は、「知識」が豊富ですが、本書は「知識と実践」です。とても簡単で「間違えることがよい方法」なのです。つらくも痛くもなく、子どもからシニア世代まで誰でもできるのが特徴で、「できないことがメリットになる」、100点主義の日本人に合っているはず。そして、1日10分、1週間のうちに60分やればいいという驚異的なラクな脳トレなのです。

ユルゲン・クロップ氏はなぜライフキネティックを採用したのか?

ライフキネティックとの出会いは、ここ数年で起きた最もエキサイティングな出来事だった。
テレビを偶然見ていて、またありきたりの情報番組だと思ったんだけど、その日は違ったよ。
ホルスト・ルッツ(『Life Kinetik® 脳が活性化する世界最先端の方法』著者)とフェリックス・ノイロイター(アルペンスキーのワールドカップ・チャンピオン)が出ていて、これは完ぺきにいけると感じたよ。たぶん見ればすぐに、理論的であることは理解できるし、なんでこれに気づかなかったのかと思う。
我々プロには大きな課題がある。どれだけ選手を疲れさせず、練習させるか
これが重要なポイントなんだ。
練習は一日8時間続けていたいけど、それは不可能だし、だからボールを使わずにできて、プレーにつながる練習をいつも模索していたんだ。
実は、ここ数年いろいろな方法を検討しても見つからずに何かいい方法はないかと探していたんだ。
それでようやく見つけたよ! これまでは単なる運動しかしていないけど、週に一度のライフキネティックで鍛えていくよ。
ライフキネティックは、素早く確かな動きが要求されるチームには、完璧な練習方法だ。
ライフキネティックを理解するには、まず体験して楽しむことだよ!
目次
第1章 あらゆる能力が向上するライフキネティックの成り立ち
――どのようにしてライフキネティックが生まれたのか
第2章 脳内ネットワークを改善し、脳のあらゆる領域を活用させる
――運動が脳をつくる
第3章 人は3つのタイプに分かれる
――あなたのタイプは?
第4章 慣れていない新しいことに挑戦するつもりはあるか?
――コンフォートゾーンから抜け出そう
第5章 身体と同じように脳もケアする――モチベーションとは?
第6章 ライフキネティックで脳細胞同士のつながりを増やす――
脳の能力を上げるために必要な3つの条件
第7章 ライフキネティックで生活を改善できる――
生活の質を上げる7つのポイント
第8章 脳全体を鍛えていくライフキネティックの全貌
――ライフキネティックトレーニングの構成要素
第9章 知覚と動きと認知能力を一緒に高めていく
――脳はどのように働くのか?
第10章 ライフキネティックはできないことがメリットになるエクササイズ
――ライフキネティックで鍛えることができる能力
第11章 脳と体の老化を楽しみながら食い止める
――1週間に合計60分間のトレーニングで明るい未来になる
第12章 子どもからお年寄りまで同じことができるライフキネティック事例集
――よりよい生活を目指す7のプロジェクト
 
 
第1章 あらゆる能力が向上するライフキネティックの成り立ち
――どのようにしてライフキネティックが生まれたのか
第2章 脳内ネットワークを改善し、脳のあらゆる領域を活用させる
――運動が脳をつくる
第3章 人は3つのタイプに分かれる
――あなたのタイプは?
第4章 慣れていない新しいことに挑戦するつもりはあるか?
――コンフォートゾーンから抜け出そう
第5章 身体と同じように脳もケアする――モチベーションとは?
第6章 ライフキネティックで脳細胞同士のつながりを増やす――2024/2/20 11:462024/2/20 12:02
第7章 ライフキネティックで生活を改善できる――
生活の質を上げる7つのポイント
第8章 脳全体を鍛えていくライフキネティックの全貌
――ライフキネティックトレーニングの構成要素
第9章 知覚と動きと認知能力を一緒に高めていく
――脳はどのように働くのか?
第10章 ライフキネティックはできないことがメリットになるエクササイズ
――ライフキネティックで鍛えることができる能力
第11章 脳と体の老化を楽しみながら食い止める
――1週間に合計60分間のトレーニングで明るい未来になる
第12章 子どもからお年寄りまで同じことができるライフキネティック事例集2024/2/20 11:462024/2/20 11:46
――よりよい生活を目指す7のプロジェクト