脱優等生のススメ

“優等生”がAIに置き換わる時代を、どう生きるか?「試験で良い点を取る」から「好きを徹底的に追求する」人生への転換
得意科目を極めるよりも、共通テストに向けた5教科7科目の勉強が優先される日本の学校教育。しかし、そのように「与えられた問題をそつなくこなす」優等生は、着々とAI(人工知能)に代替されつつある。旧来の価値観やルールの地殻変動が起きつつある今、自分のこれからの人生をどう構築するか?……点数かせぎをやめて、自分らしい人生を送るためのメッセージ!
慶應義塾大学先端生命科学研究所の初代所長が、山形県・鶴岡の地から次世代のイノベーターを続々と輩出してきた20余年の経験と自らの研究者人生をもとに語るメッセージ
 
「『優等生=エリート』という考えは、もはや時代遅れ」
「やりたいことで、やる価値があるなら、やらない理由がない」
「理想と現実を見て、ゴールポストを動かしていい」
「『正しい』失敗をせよ」「好きなことを伸ばせる環境づくり」
若いうちはカネ貯める暇があったら友達増やせ
 
【点数かせぎの罠から抜け出す方法とは? 本書目次より一部紹介】

第1章 脱優等生のススメ……「優等生=エリート」という考えは、もはや時代遅れ

  1. 昭和の教育をいつまでやっているのか
  1. 一般入試は「点数」を評価、AO入試は「人物」を評価する
  1. 「問題発見」する力の大切さ
  1. 日本には「ストライカー」が足りない
  1. 優等生集団が引き起こす「大企業病」
  1. 自分のミッションを見つけることが最初のミッション
  1. 教育の本質は、放任して見守ること
インタビュー世の中に価値を生み出したい
 損害保険ジャパン株式会社人事部人材開発グループ 課長代理高木慶太さん

第2章 「好き」を徹底的に追求する……「おもしろい」と思ったら中途半端にやめずに飽きるまでやろう

  1. どんなにマニアックなことでも、極めれば感動してくれる人がいる
  1. 問題は解くより作るほうがおもしろい
  1. 教科書は「攻略本」として使おう
  1. 「好きなこと」をつなげていく
  1. 金メダルを取りたければ自分で種目を作れ
  1. ジャンル分けには意味がない
  1. 「休みの日にしていること」をとことんやってみる
  1. 好きなことを伸ばせる環境づくり
インタビュー自分の体験・知見を鶴岡に還元していきたい
 山形県立鶴岡南高等学校三年(当時)小林伶奈さん

第3章 「挑戦」の作法……やりたいことで、やる価値があるなら、やらない理由がない

  1. 英語は地球人としてのひらがな
  1. 前例のないことをやるには、まずやってしまうこと
  1. 二〇年後の未来をときおり考えよ
  1. 「ふつうだね」と言われたら全否定!?
  1. 「これは違うな」と思ったらやめていい
  1. 「裏」が出たときのふるまいが肝心
  1. 「正しい」失敗をせよ
インタビュー地球規模の問題を解決したい
 Spiber株式会社取締役兼代表執行役関山和秀さん

第4章 「自分らしい人生」とは何か……理想と現実を見て、ゴールポストを動かしていい

  1. 自分が幸せな人は他人を幸せにする使命がある
  1. 「やりたいこと」と「やるべきこと」を一致させる
  1. 若いうちはカネ貯める暇があったら友達増やせ
  1. 二〇代の給料は奨学金だと思え
  1. 「理想」と「現実」の折り合いをどうつけるか、が人生
 
インタビュー どうお金儲けをするかより、どう社会に役立つか
 YAMAGATADESIGN株式会社代表取締役 山中大介さん
 
 
 
 
第5回未来創造企業鶴岡会議 6月6〜8日
スタートアップの聖地鶴岡で考える「イノベーションを生み出す組織風土とは」