動画でUPしました。3月15日(金) 20:30〜「身体を地域化して、心を世界化する」think globally and act locally

2021年3月に焼津でオープンして以来、全国に次々開館している、一箱本棚オーナー制度の「みんなの図書館」。現在、わかっているだけでも70館を超えています。https://sancacu.org/
焼津のみんなの図書館オープンの記事を見て「これだ!」と思ったayakoが、なんで、何をしてこれだと思ったのか。そこからどんな行動を取って、今に至り、この先、どこに向かおうとしているのか。
ある程度、共通して地方が現在抱える課題に取り組んでいるはずなので、同じような課題感を持って、そこに取り組んでいらっしゃる方や、違う側面からの視点やサポートを持ち込んでくださる方と、お話しする機会を作ることで、自分の整理や、未来につなげたいと思っています。
 
話題提供として、私から話させていただいた上で、来てくださった皆さんからも5分ずつ「未来フェス」方式で、取り組んでいらっしゃること、違う側面の視点など、お話しいただいた上で、出てきた話題についてお話しできたらと思います。
つながる図書館@石岡市(茨城県)
 
主催者 ayako profile
音楽家(HaLo, ヤミィ) ex写真家 ナレーター(ayako_HaLo) 英語(通訳や教育)ファシリテーター
佐賀県佐賀市生まれ。東京での学生生活中に、1年米国にて日本語を教え、音楽活動をスタートしてから、ハワイ、ロンドン、ニューヨーク、バルセロナ、ヘルシンキ、ストックホルム、バリ、クアラルンプール、香港、など、あちこちに仕事で出かける暮らしを経て、パートナーとともに2006年から埼玉、長野と移動し、2008年より茨城県笠間市にて近くに畑を借りて農的暮らしを本格スタート。2014年よりつくば市。2018年より石岡市在住。食べられる森を作りつつ、地域通貨の運営、行政と石岡未来会議の企画運営、石岡未来フェス運営、2021年より教育委員。2023年よりつながる図書館開館。2024年NPO法人つながりつながる研究所設立。