フレーミングとは何か

フレーミング ダニエル・カーネマン

ダニエル・カーネマンは、フレーミング効果に関する研究で知られる心理学者です。フレーミング効果とは、同じ情報でもフレーム(枠組み)によって人々の判断が変わってしまう現象です。
例えば、ある商品が「90%の効果がある」と言われた場合と、「10%の効果がない」と言われた場合では、同じ情報でも前者の方が好ましいと感じる人が多いということが知られています。このように、フレームによって情報の受け取り方が変わってしまうことがあります。
カーネマンは、このフレーミング効果が人々の意思決定に与える影響を研究し、その心理的メカニズムを探求しました。彼の研究成果は、ビジネスや政治の分野でも応用されるようになり、フレーミングの重要性が再認識されるきっかけとなりました。
カーネマンの研究により、フレーミングが人々の意思決定に与える影響は非常に大きいことが分かりました。例えば、同じ商品でも、販売戦略や宣伝文句を変えることで、消費者の購買意欲が大きく変わることがあります。また、政治的な問題でも、フレーミングによって人々の意見が大きく分かれることがあります。
一方で、フレーミングは単なるトリックや手法ではありません。フレーミングによって、情報の受け取り方が変わることは事実ですが、それが必ずしも誤解を招いたり、偏った意見を形成するわけではありません。むしろ、フレーミングを上手に活用することで、より効果的なコミュニケーションが可能になるということです。
したがって、フレーミングを理解し、上手に活用することは、ビジネスや政治の分野だけでなく、日常生活でも非常に重要なスキルの一つです。