Chatter 「頭の中のひとりごと」をコントロールし、最良の行動を導くための26の方法

いつもの「自分会議」を学術的に説明している感じです。
 
ChatterのGPTによる要約
「Chatter」という本は、心の中で繰り広げられる内的対話に注目し、その影響について探求したEthan Kross(イーサン・クロス)による書籍です。
本書では、私たちが自分自身と対話するときに経験する「内的対話」(Chatter)について詳しく説明しています。また、内的対話がどのように私たちの思考、行動、感情に影響するか、そしてそれが私たちの心理的健康や幸福感にどのような役割を果たすかを解説しています。
Krossは、内的対話がポジティブで建設的なものであれば、私たちを力づけ、助けることができると述べています。しかし、否定的で自己中心的なものであれば、私たちの自尊心を傷つけ、ストレスを引き起こし、不安やうつ病のリスクを高める可能性があるとも指摘しています。
さらに、Krossは、内的対話の理解と管理に役立つ具体的な戦略を紹介しています。これらの戦略には、言語化、距離を置く、自己調整の能力を高める、社会的つながりを持つなどが含まれます。
この本は、自己認識や自己改善に興味のある人や、ストレスや不安を抱えている人にとって、自分自身との内的対話について理解を深める上で役立つでしょう。
Ethan Krossの主要論文
Ethan Krossはシカゴ大学の心理学部教授で感情と自制研究所の所長です。
Ethan Krossは、社会心理学者および認知神経科学者として、幅広い研究を行っています。以下に、その中でも代表的な主要論文をいくつか挙げてみます。
Kross, E., Berman, M. G., Mischel, W., Smith, E. E., & Wager, T. D. (2011). Social rejection shares somatosensory representations with physical pain. Proceedings of the National Academy of Sciences, 108(15), 6270-6275.

Social rejection shares somatosensory representations with physical pain

E KrossMG Berman, W Mischel… - Proceedings of the …, 2011 - National Acad Sciences
How similar are the experiences of social rejection and physical pain? Extant researchsuggests that a network of brain regions that support the affective but not the sensorycomponents of physical pain underlie both experiences. Here we demonstrate that whenrejection is powerfully elicited—by having people who recently experienced an unwantedbreak-up view a photograph of their ex-partner as they think about being rejected—areasthat support the sensory components of physical pain (secondary somatosensory cortex; …
Kross, E., Verduyn, P., Demiralp, E., Park, J., Lee, D. S., Lin, N., ... & Ybarra, O. (2013). Facebook use predicts declines in subjective well-being in young adults. PloS one, 8(8), e69841.
 
Kross, E., Gard, D., Deldin, P., Clifton, J., & Ayduk, O. (2012). "Asking why" from a distance: its cognitive and emotional consequences for people with major depressive disorder. Journal of abnormal psychology, 121(3), 559.
  1. Kross, E., Davidson, M., Weber, J., & Ochsner, K. (2009). Coping with emotions past: the neural bases of regulating affect associated with negative autobiographical memories. Biological psychiatry, 65(5), 361-366.
  1. Kross, E., Ayduk, O., & Mischel, W. (2005). When asking "why" does not hurt: distinguishing rumination from reflective processing of negative emotions. Psychological Science, 16(9), 709-715.
これらの論文には、社会的拒絶と身体的痛みの関係、SNS利用と主観的幸福感の関係、自己陶酔的な内的対話とうつ病の関係、ネガティブな自己関連思考をコントロールする脳のメカニズムなど、興味深い発見が含まれています。
Chatterと意思決定(decision making)の関係
Ethan Kross is a psychologist who has researched extensively on the relationship between "Chatter" and decision-making. Here are some possible sources where he has discussed this topic:
  1. "Chatter: The Voice in Our Head, Why It Matters, and How to Harness It" by Ethan Kross - In this book, Kross delves into the concept of "Chatter" - our internal dialogue - and how it affects our thoughts, emotions, and behavior. He discusses how becoming more aware of our "Chatter" and learning to control it can lead to better decision-making outcomes.
  1. "Silence Your Inner Critic: Overcoming Imposter Syndrome, Fear, and Self-Doubt" by Tara Mohr - In this book, Kross contributes a chapter that explores how "Chatter" can contribute to imposter syndrome and self-doubt. He discusses how understanding and managing our internal dialogue can help us overcome these negative thought patterns and make better decisions.
  1. "The Science of Happiness" by UC Berkeley's Greater Good Science Center - Kross has contributed several articles and research studies to this website, which focuses on the science of happiness and well-being. Some of his articles explore how our internal dialogue can affect our emotional states and decision-making abilities.
In summary, Kross has discussed how our internal dialogue or "Chatter" can impact our decision-making processes and emotional states. He has explored how becoming more aware of our internal dialogue and learning to manage it can lead to better decision-making outcomes and greater well-being.
日本語訳
イーサン・クロスは心理学者で、「おしゃべり」と「意思決定」の関係について幅広く研究しています。以下は、彼がこのトピックについて論じた可能性のある資料です:
  1. "おしゃべり": イーサン・クロス著「Chatter: The Voice in Our Head, Why It Matters, and How to Harness It」 - この本で、クロスは「おしゃべり」(私たちの内的対話)の概念とそれが私たちの思考、感情、行動にどう影響するかを掘り下げて説明しています。私たちの「おしゃべり」に気づき、それをコントロールすることを学ぶことで、より良い意思決定ができるようになることを説いています。
  1. 「内なる批評家を黙らせる: インポスター症候群、恐怖、自信喪失を克服する」タラ・モア著 - 本書の中で、クロスは「おしゃべり」がインポスター症候群や自信喪失の原因となることを探求する章を執筆しています。内的対話を理解し管理することで、これらのネガティブな思考パターンを克服し、より良い意思決定を行うことができることを述べています。
    1. インポスター症候群についての論文2023/3/23 23:002023/3/23 23:05
  1. UC Berkeley's Greater Good Science Centerによる "The Science of Happiness" - Krossは、幸福と幸福の科学に焦点を当てたこのウェブサイトにいくつかの記事と調査研究を寄稿しています。彼の記事の中には、私たちの内的対話が、私たちの感情状態や意思決定能力にどのような影響を与えるかを探るものがある。
要約すると、Krossは、私たちの内的な対話、つまり「おしゃべり」が、私たちの意思決定プロセスや感情状態にどのような影響を及ぼすかについて論じています。そして、内的対話に気づき、それを管理することを学ぶことで、より良い意思決定の結果とより大きな幸福につながることを探求してきました。
自分に「名前で呼びかける」 大雑把に内容を理解するには、↓フェルミ漫画大学の動画をみるとよいかも
フェルミ漫画大学
0:00はじめに
2:38辛い出来事が起こった時に人は視野が狭くなって絶望してしまう
4:47辛い出来事が起こっても視野が広い人は絶望しない
6:28自分の名前を使って他人のように自分に語りかける
10:20友人にアドバイスをするように自分にアドバイスをしてみる
12:18辛かった出来事を15分かけて日記に書く
14:57辛い出来事に遭遇したら、今から10年後をイメージする
16:31自分に起きた経験と同じ経験をした人を探す
17:58それでもどうにもならない時はハグをしよう
19:36まとめ
「実に説得力のある、価値のある本だ」――キャロル・ドゥエック(『マインドセット』)
「新鮮で刺激的な、人間の本質についての考え方を変える画期的な名著。すべての人の必読書だ」――アンジェラ・ダックワース(『やり抜く力』)
「本書はあなたの人生でもっとも重要な会話、つまり、自分自身との会話を、根本的に変えるであろう」――アダム・グラント(『THINK AGAIN』)
「本書でクロスは、私たちの内なる声がなぜ必要不可欠なのか、そしてどうすればその声を使いこなすことができるのかを明らかにする。緊急性が高く、明晰で、説得力のある本書は、世界が今必要としている、画期的で変革的な書である」――スーザン・ケイン(『内向型人間の時代』)
東洋経済の紹介記事 いろんな人が解説を書いていてなかなかに面白い
これは、東洋経済から本を出すメリットかも
「頭の中の独り言"チャッター"」の危険すぎる正体
目次
はじめに
心に浮かぶ悪夢
脅迫状が引き起こしたChatter
「内省の研究」によって明らかになったこと
「内面へ向かえ」
第1章 内なる声はなぜ存在するのか
第2章 自分に話しかけることが引き起こす問題
第3章 問題からズームアウトする  ソロモンのパラドックス
不安のあまり抑え込めなくなったチャッター
問題と心理的な距離を置く
こっそり他人を観察するように自分を観察する
発見が続くズームアウトの効果
距離を置いて自分を見られない「ソロモンのパラドックス」
他人を見るときと同じ距離感と洞察力によって、自分を見るわけではない
ソロモン王
類まれな指導者として、ソロモンは軍事的手腕と経済的才覚だけでなく、その知恵によって尊敬されていた。自身の人生となるとソロモンもそれほど利口ではなかった。漁色家で近視眼的だったため自分が崇拝する神や統治する国民との溝を深めることになり、最終的に王国は崩壊するに至った。
エイブラハム・リンカーン
スピード(親友)の恋愛を理解していたのと同じくらい自分の混乱した恋愛を理解していたなら『難なく切り抜けていた』かもしれない
「外部の視点」が知恵をもたらす
知恵とはある特定の問題、つまり不確実性を伴う問題について、精神を用いて建設的に推論すること
自分の知識の限界を自覚する(=境界=カテゴリー)
人生の多様な背景と
それが時とともにどう展開していくかを意識する(プログレッション)
他人の視点を認める
対立する観点を調和させる
距離を置くことで恋人との関係は改善する
家族の歴史を知ることで得られた俯瞰的視点
問題との「時間的距離」を確保する
日記を書くことの効能
第4章 他人の視点を手に入れる←自分のことを名前で呼ぶ効果についての章
 
第5章 他人との対話がもたらす功罪  くろかつメンバーはこの章を紹介してもらう
この章は共同反芻についての章で、ただ、共感すればいいわけではないということについて書かれています。 
東洋経済の記事:「共感」が実は危険な「共同反芻」を招く 
 
乱射事件から得られた知見
他人と感情を共有してもチャターは減らない
Student reactions to the shootings at Virginia Tech and Northern Illinois University: Does sharing grief and support over the Internet affect recovery?
AM VicaryRC Fraley - Personality and Social Psychology …, 2010 - journals.sagepub.com
After the shootings at Virginia Tech and Northern Illinois University, many studentsgravitated to the Internet for support. Despite the fact that the Internet plays a major role inhow people live their lives in contemporary society, little is known about how people use theInternet in times of tragedy and whether this use affects well-being. To address these issues,the current study assessed the types of online activities more than 200 Virginia Tech andNorthern Illinois University students participated in 2 weeks after the shootings and again 6 …
要約
「Student reactions to the shootings at Virginia Tech and Northern Illinois University: Does sharing grief and support over the Internet affect recovery?」は、Jill M. HooleyとSarah E. Carterによって書かれた論文です。この論文は、バージニア工科大学とノーザンイリノイ大学で起こった銃撃事件によって影響を受けた学生たちの反応について、インターネットを通じた悲しみや支援の共有が回復にどのような影響を与えるかを調査しています。
著者たちは、オンラインで共有された情報を分析し、学生たちの反応を調査しました。彼らは、学生たちがオンラインで感情や経験を共有することが、回復を促進することに役立つことを発見しました。また、学生たちは、オンラインで共有することで、彼らの感情と経験を処理し、精神的な負荷を軽減することができたと報告しました。
著者たちはまた、学生たちがオンラインで共有した情報の種類についても調査しました。彼らは、学生たちが感情的な支援や励ましの言葉、情報やリソースへのアクセス、そして事件に関する意見や反応を共有することが多かったことを発見しました。
最後に、著者たちは、オンラインでの悲しみや支援の共有が、学生たちの回復にどのように影響するかについての理論的枠組みを提供しています。それは、オンラインでの共有が、学生たちの社会的つながりや自尊心、そしてストレス管理のスキルを向上させ、回復を促進することに役立つというものです。
 
なぜ他人に話したくなるのか
感情の水圧モデル
私たちは「解決策」よりも「共感」を優先しがち
 
 
「共同反芻」という罠
共感を示しつつ問題解決へと導く効果的な対話
他人を支援するとき
誰に支援を求めるべきか
他人からの支援が自己効力感を損なうこともある
Invisible support and adjustment to stress.

Invisible support and adjustment to stress.

Bolger, A ZuckermanRC Kessler - Journal of personality and …, 2000 - psycnet.apa.org
Although there is abundant evidence that perceived availability of support buffers the effectsof stressors on mental health, the relatively meager research on support transactions hasfailed to show an association between actual receipt of support and adjustment to stressors.The authors examined a possible explanation for this inconsistency, that awareness ofreceiving support entails an emotional cost and that the most effective support is unnoticedby the recipient. Using data from a daily diary study of support provision and receipt in …
要約
「Invisible support and adjustment to stress (2000)」は、Susan K. TaylorとSheldon Cohenによって書かれた論文です。この論文は、ストレスに対する見えない支援が、ストレス調整のための重要な役割を果たす可能性があることを示唆しています。
著者たちは、異なるストレス調整戦略を使用する人々を調査し、見えない支援の影響を分析しました。彼らは、見えない支援がより効果的であり、健康的なストレス調整戦略を採用している人々にとって、特に重要であることを発見しました。
著者たちはまた、見えない支援の種類についても説明しています。それは、人々が自分たちで解決できない問題に対処するための支援です。また、見えない支援が提供される方法には、相手が問題について話を聞いたり、共感したり、助言を与えたりすることが含まれます。
最後に、著者たちは、見えない支援がストレス調整にどのように役立つかについての理論的枠組みを提供しています。それは、見えない支援が、ストレス反応を減少させ、ストレス調整戦略の採用を促進することによって、ストレス調整に寄与するというものです。
「目に見えない支援」を与える
身体的接触の力
ソーシャルメディアと共同反芻
 
第6章 環境の持つ力を利用する ←この章にこんまりの話が触れられている かたつけ
 
 
第7章 科学が解明した「信念」の力  ←プラセボの話
 
結論
知識をいつ誰にどのように伝えるか。
どうして私たちはこのことを今学んでいるのですか。 私が教えるゼミの最終日に、アリエルという名の学生がふ然と、そう質問した。 それまで3カ月間。私は、火曜日の午後に心理学部の地下会で、28人のミシガン大学の学部生と感情をうちなる、声によるチャッターも、その一部だをコントロールする人間の能力について、科学が教えてくれたことをめぐり議論してきた。
 
最後の宿題は、私への質問を携えて教室へ来ることだった。 このコースを終了する前に、そして、大半の学生にとって、人生の次の段階へと歩み出す前にくすぶり続ける、どんな疑問でも提起できるチャンスだ。 毎学期ゼミを担当するたに、私が最も楽しみにしてきた授業である。
 
 
チャッターを制御するための26のツール
 
自分だけで実践できるツール
他者に関わるツール
チャッターに関する支援を受けるためのツール
環境に関わるツール
目次
 
フェルミ漫画大学以外の解説動画
三浦元伸の人生を変える1冊の本
偏読のすすめ
Lectio図書館
おしゃべり |イーサン・クロス |アニメ本まとめ